SHS SHS 鈴木ヒューマンサポート株式会社 海のお仕事ナビ

  • 03-6884-6348

日本の海運はどのように歩んできたのか?(その3:日本郵船と商船三井のライバル関係はどのようにして生まれたのか?)

日本郵船と商船三井ばかりを扱うことは公平ではないと、お叱りを受けるかもしれませんが、つい並べてみたくなるのが、商船三井出身の筆者とすれば、昔からの癖ですのでお許しください。

自分が会社を退いてからは、客観的に眺めたりして学習の場ができました。その中で感じたことを述べさせてください。

 

日本の海運会社としては、日本郵船の前身である三菱商会が1875年、日本・上海間に初めての海外定期航路を開設しました。一方、商船三井前身の一つの大阪商船は長い間、専ら国内の航路を運営してきました。大阪商船としての初めての海外航路は1890年開設の大阪~釜山航路でした。商船三井のもう一方の前身の三井船舶は、三井物産船舶部として、商社の一部門として自社貨物輸送(主に石炭)を従事することから始まりました。このようにそれぞれ、その誕生にはそれぞれ特徴がありました。 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国家発展の推進役として外航海運を担う役割となった日本郵船、国内の利用客に近い位置にいた大阪商船、商社としての運ぶべきものの輸送手段として海運を営む三井物産船舶部と言ったところでしょうか?

そんなスタート時の違いがありましたが、明治時代は、日本が目指す先は世界という日本人そして日本の海運マンの一致した目標があり、おのずと開拓航路や方向性が徐々に似通り、近づいて行くと言う流れを見て取れます。現在の日本郵船と商船三井が、共通分野でお互い切磋琢磨しながら、企業を成長させることに力を注いでいる印象を受けますが、その原点はかなり特徴の違う海運会社だったことに興味を持ちます。明治初期には、お互いの特徴を観察しライバルのよいところをマネしながら、ライバルの特徴のいいところを自分にも取り入れて日本の海運を大きく強くしてきたとの意を強くしました。

 

面白く感じられるのは、外航船事業について日本郵船と大阪商船の関係において、常に一歩先に日本郵船が、新航路を開拓するのですが、その後を大阪商船も追い掛けて、くらいついていく姿があります。切磋琢磨して競争しているのですが、単にライバル関係であるだけでなく、日本国の海運業者として海外の海運会社に打ち勝とうとする、協調路線が常に生まれてくる関係が大きな特徴のように見受けられます。

 

両社にとり、初期の遠洋航路であるボンベイ航路での展開はその典型です。

日本郵船のボンベイ定期航路開設が、1893年(明治26年)でした。明治時代に、日本の基軸産業となった紡績業はインドからの綿花の輸入を必要としていたのですが、なかなか日本の海運会社による輸送ができませんでした。当時の定期船航路はヨーロッパの海運会社で構成された同盟(カルテル)組織が、日本のような新参船社を排除するような仕組みだったからです。日本郵船がまず、その壁を突き破ろうと動きますが、同盟船社側のダンピングにより、日本郵船を排除しようとします。そこで、日本郵船と日本の紡績会社との「自国の海運会社を守らなければならない」という強い意識で団結します。これが、ボンベイ航路開設の大きな力となったと言われています。(この部分<ボンベイ航路開設>の資料は、日本郵船のホームページより引用。)やがては、大阪商船が神戸~孟買(ボンベイ)航路を日本郵船に遅れること20年、1913年に開設します。

 

さらに、日本郵船や大阪商船さらには、他の日本の海運会社による北米航路や欧州航路などへの挑戦が続きます。当時(明治・大正時代)の日本の海運会社そして、貿易会社の方々の意識は、単に私企業の利益だけではなく、日本国を背負って日本国の為にどれだけの役立てるかが一番の思いだったのだろうと、想像できます。従い、当時の二社の間はライバルとしての私企業の関係もありますが、国を背負った者同志の関係だったように見えます。

 

参考資料:日本郵船ホームページ、大阪商船三井船舶創業百年史 

写真説明:左上=日本郵船横浜支店ビル、右下=商船三井ビル(神戸元町)

 

新着コラム

超大型コンテナ船(EVER GIVEN)のスエズ運河座礁(その2:船上の貨物はどうなっちゃうの?)

3月下旬にスエズ運河で座礁事故を起こした“EVER GIVEN”がいま、どこにいるかというと、スエズ運河の中のグレートビター湖で待機を余儀なくされているようです。

超大型コンテナ船(EVER GIVEN)のスエズ運河座礁(その1:座礁の原因は何だ?)

3月下旬にスエズ運河で、日本の船主(正栄汽船)が所有し、台湾の海運会社(エバーグリーン)が運航する大型コンテナ船“EVER GIVEN”が座礁事故を起こしました。

福島第一原発・処理水の海洋放出決定について

東京電力福島第一原子力発電所の構内に溜まった、原発事故の処理水の処分について、4月13日に政府は海洋放出する方針を決定しました。

海の仕事の求人掲載は転職をサポートする「海のお仕事ナビ」へ

会社名
鈴木ヒューマンサポート株式会社
所在地
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目2番6号 クレスト山の上ビル5階
電話番号
03-6884-6348