SHS SHS 鈴木ヒューマンサポート株式会社 海のお仕事ナビ

  • 03-6884-6348

新型コロナウイルス感染の影響(石油に関して)

「OPECプラス」の緊急会合で、5月と6月の石油減産が決まったとの新聞報道がありました。

日本海事新聞(4月13日)の記事によれば、その規模は日量1千万バレルで、月間だと約150隻分のVLCC(大型原油タンカー)の輸送需要が消失するということです。

150隻分の大型タンカーと言われても、なかなかイメージすることが難しいと思いますので、ちょっと付け加えます。1バレルは159リットルですから、日量1000万バーレルは1,590,000キロリットルとなります。概ね300,000キロリットル即ち30万トン積みのタンカー5隻分にあたります。30万トンの大型タンカーの標準のサイズはおおよそ、船の長さ330メートルそして幅が60メートルです。通常だったら、それだけの大きなタンカーで出荷されていたものが、世界中で毎日その5隻分の行き先が定まらず、出荷できなくなっているのです。

 

では、普段だったら世界中でどれだけの石油が出荷され輸送されているのでしょうか?

「エネルギー白書2017年 第二章国際エネルギー動向」から、世界の石油の主な移動(2015年)量の記載がある世界地図を見つけましたので、拝借し掲載させて頂きます。パイプラインでの輸送量も含まれていますが、世界全体では一日当たりの移動量が約5,000万バレルあることが分かります。ということは。今回のコロナ感染を原因による石油の減産規模の日量1,000万バレルはその約20%であり、現時点では普段の5分の1の量の石油の移動がストップしていると考えられます。

 

 

タンカーの話題から離れますが、石油の消費に絡んだ話題を二つほど目にしました。

一つは、4月には原油の先物市場で買い手が無くなり、価格(アメリカのテキサス原油)に値がつかず、史上初めてマイナス価格になったことです。どういう事かと言うと、誰も先物の石油を買おうとしないので、売り手にとっては保管する場所も手当てできず、とにかく処理するには、お金を払ってでも、売り先を見つけたい(引き取ってもらいたい)ということだったようです。上述したように、石油の輸送需要はなくて、タンカーの使い道はないのだけれど、一方ではタンカーを単に保管場所として使いたいとの需要はあるようです。なんとなく、海運会社の出番のようにも思えますが、歪んだ構造です。

もう一つの話題は、ネットをクリックして見つけたニュースですが、中国の大気中のCO2の量が、2億トン、率で25%減少していたという内容です。その部分だけ切り取れば、地球の将来にとって望ましい現象かもしれません。普段どれだけ多くの化石系エネルギーである石油を消費しているかを、改めて思い起こさせる記事でした。インドのある町からは、普段は眺めることのないヒマラヤ山脈が望めたというニュースもありました。

コロナウイルスの感染が収束しない現在、ついこの間まで騒がれていたCO2削減の対処については思考が停止してしまいました。CO2の増加は抑えられていますが、世界中の経済が止まってしまい苦しんでいる人の数も尋常ではありません。まずは、ウイルス収束を望むことになりますが、その後の経済復旧時には、どのようなスタンスが望ましいのでしょうか。近い将来、悩みながら答えを出していかなければいけないのですね。

 

 

Himalayas mountain landscape in the Annapurna region. Annapurna peak in the Himalaya range, Nepal. Annapurna base camp trek. Snowy mountains, high peaks of Annapurna.

 

 

新着コラム

超大型コンテナ船(EVER GIVEN)のスエズ運河座礁(その2:船上の貨物はどうなっちゃうの?)

3月下旬にスエズ運河で座礁事故を起こした“EVER GIVEN”がいま、どこにいるかというと、スエズ運河の中のグレートビター湖で待機を余儀なくされているようです。

超大型コンテナ船(EVER GIVEN)のスエズ運河座礁(その1:座礁の原因は何だ?)

3月下旬にスエズ運河で、日本の船主(正栄汽船)が所有し、台湾の海運会社(エバーグリーン)が運航する大型コンテナ船“EVER GIVEN”が座礁事故を起こしました。

福島第一原発・処理水の海洋放出決定について

東京電力福島第一原子力発電所の構内に溜まった、原発事故の処理水の処分について、4月13日に政府は海洋放出する方針を決定しました。

海の仕事の求人掲載は転職をサポートする「海のお仕事ナビ」へ

会社名
鈴木ヒューマンサポート株式会社
所在地
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目2番6号 クレスト山の上ビル5階
電話番号
03-6884-6348