SHS SHS 鈴木ヒューマンサポート株式会社 海のお仕事ナビ

  • 03-6884-6348

国際物流の世界ではどのような会社が、どんな仕事をしているの?

国際物流の世界で、仕事に携わっているのはどのような会社なのか?私が海運会社出身なので、つい船を中心に語りたくなるのですが、物流にはただ物理的にものを移動させるだけではない、いろいろな場面の活動や機能が求められており、さまざまな会社が関わります。

大まかに列挙すると、次の通りです。

  1. キャリアー(実運送会社)   ・・・自社の保有する輸送機器を使って、港から港までの国際輸送サービスを提供する事業者です。海運会社、航空会社です。
  2. フォワーダー ・・・荷主から貨物を預かり、他の業者の運送手段を利用して戸口から戸口までの一貫運送サービスを提供する事業者を言います。日本語だと、貨物利用運送事業者です。航空輸送手配事業者をエア・フレイト・フォワーダー、海上輸送手配業者をNVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier)と呼びます。
  3. ロジスティクス業者 ・・・物流全般を取り仕切り、ロジスティクスサービスを提供する業者を指します。ロジスティクスサービスは、荷主であるメーカーや流通業者の委託を受けて、部品や製品を最終消費者に供給するまでの物流を効率的に実施し、管理するサービスのことです。単なる輸送手段の手配・提供サービスだけのフォワーダーと厳密には区別されます。
  4. 港湾運送業 ・・・港の業務に高い専門性を持ち、港湾運送全体にわたってサービスを提供する事業者です。港の荷役作業や港湾内の運送事業の業務を担っています。
  5. 海貨貨物取扱業 ・・・港湾地区で荷主(輸出者や輸入者)の代わりに海運貨物の港の施設への搬出入、陸上での運送(主に海上コンテナ輸送)、通関(※)、倉庫保管、コンテナへの積み下ろしなどの業務を担っている業者です。(※)通関とは、貿易において貨物の輸出入行為に対して、税関の許可を得る業務を言います。税関宛の申告資料には通関士による認証が必要で、通関士が活躍できる仕事です。

上述の業務の実際の引き受けは、一つの会社が複数の機能を重ねて実施する場合もありますし、同一資本のグループ企業が連携して行う場合もあります。さらにお聞きになりたい点などがありましたら、鈴木ヒューマンサポートまでご連絡をください。お越し下さっても結構ですし、お電話・E-MAILでもご対応が可能です。

新着コラム

造船業の話(その3:日本の造船業に期待する)

前回の繰り返しになりますが、世界の海運への需要そして造船需要は、間違いなく日増しに増加しています。

造船業の話(その2:日本の特徴=中堅造船所の踏ん張り)

前回コラムで、現時点の世界の造船業は中国・韓国がダントツのシェアを占めていることについて述べました。

造船業の話(その1:日本の造船業界の改編と世界の動き)

新年早々の日本海事新聞に、「今治造船とジャパンマリンユナイテッド(JMU)連合が動き出した。」とのニュースが掲載されました。

海の仕事の求人掲載は転職をサポートする「海のお仕事ナビ」へ

会社名
鈴木ヒューマンサポート株式会社
所在地
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目2番6号 クレスト山の上ビル5階
電話番号
03-6884-6348